日本風力開発株式会社

日本風力開発株式会社HOME > 風力発電について >風力発電を取り巻く環境

  • 写真ギャラリー
  • イオスエンジニアリング&サービス
  • イオスエナジーマネジメント
  • グリーンエネルギーポータルサイト
  • Fun to Share

企業情報

風力発電を取り巻く環境

日本の風力発電ビジネスは、大きな将来性が期待されます。

風力発電事業は、国内外を問わず、今後さらなる拡大が見込まれています。

地球温暖化への緊急対策

二酸化炭素などの排出の増加は、地球の温暖化を招きます。今世紀、地球温暖化対策は国際的な重要課題であり、二酸化炭素の排出が極めて少ない風力発電所の開発が世界的に推進されています。

新エネルギー政策

1997年開催の気象変動枠組条約第三回締約国会議において、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減する国際的な合意(京都議定書)が成立して以来、日本政府もその達成に向けて動いております。2001年6月の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会報告「今後の新エネルギー対策のあり方」で、 2010年度の風力発電の導入目標が従来目標の10倍である300万kWに引き上げられました。
2005年2月に京都議定書が発効し、エネルギーの安定供給と地球環境問題対策として、新エネルギーの導入促進に対する期待はますます大きくなっており、なかでも風力発電は今後その中核を担う新エネルギーであります。

コストパフォーマンスの向上

1990年代後半から始まった風力発電機の大型化が進められており、風力発電機のコストパフォーマンスは向上しています。ヨーロッパでは、ブレード(風力発電機の羽根)の直径がジャンボジェット機よりも大きい100メートルクラス、発電容量が3,000kWをこえる風力発電機も登場しています。これにより、風力発電の発電コストは他の電源と比べても競争力を持ってきております。

風力発電の今後の発展のための諸検討が開始されています。
電力系統との連系対策

風力発電のより一層の導入を図るため、電力系統との連系や解列、蓄電池の活用等の技術的な検討が開始されています。

土地利用のあり方に対する検討

政府において国立・国定公園内での風力発電機の設置について、審査基準が決められました。周囲の景観や環境に及ぼす影響を充分調査したうえで、その条件を満たす場所については設置を認めるかどうかの検討が行われます。

港湾地域や洋上などへの設置

風が強く、輸送に便利な港湾地域への風力発電機の設置も既に行われています。
また、風が強い洋上における風力発電機の設置についても本格的に検討されており、既に港湾内の洋上でも設置が開始されています。洋上は施工面や技術的な面、設置コストが割高となるなど、更なる検討も必要となっています。

(港湾地域における設置例 :(株)エヌエスウインドパワーひびき 福岡県北九州市)

このページのトップへ